【Amazon電脳仕入れ】ライバルよりも売上UP!ツール使わずリサーチする方法

電脳せどりのリサーチ、ツールで終わらせていませんか?

ネットで商品を探すにはどうしたら?

リサーチツールを使えばいいんでしょう?

効率的に利益商品を見つけたい!

今回はAmazonの販売ページから儲かる商品を探すコツを紹介します。

なぜツールに頼っていてはだめなのかを理解した上で、コツコツとリサーチを行ない、利益を増やしていきましょう。

電脳せどりはリサーチツールだけじゃ売れない!

はっきり言って、電脳せどりのリサーチは面倒ですよね。

  • オークションサイト(ヤフオク・モバオク)
  • フリマアプリ(メルカリ・ラクマ)
  • ネットショップ(ヨドバシドットコム・ヤマダウェブコム・楽天市場)

などを逐一チェックしなければいけません。

仕事から帰ってきて寝るまでの数時間や、せっかくの休日を使って調べる必要があります。

少しでも時間を短縮しようと、リサーチツールを使っている方も多いでしょう。

しかし、リサーチツールに頼りすぎていると売上は伸びなくなります。

なぜか?

理由は簡単です。

リサーチツールで表示される商品は、他のライバルも狙っているからです。

同じタイミングで同じ商品を仕入れるので出品数が増え、結局は購入されません・・・。

リサーチツールを使っても構いませんが、しっかりと自分でリサーチをすることも忘れないでください。

続けていくうちに売れる商品が直感的に分かるので、リサーチ時間が短くなります。

さらに、ライバルが少ないので売上が伸びやすくなります。

電脳せどりのリサーチは自力・手動で行うのが大切なんです。

電脳せどりのリサーチを行う際のポイント

では実際にAmazonで電脳せどりのリサーチをする際のポイントを紹介します。

リサーチツールを使うよりも若干手間はかかります。

しかし、一度コツを覚えてしまえば、利益率の高い商品を瞬時に見つけられるようになります。

具体的な方法は以下の通りです。

手順1.Amazonで検索する

手順2.検索窓に「-amazon」を追加

手順3.URL(アドレスバー)に「&pct-off=-0」を追加、エンターをクリック

「-amazon」・「&pct-off=-0」はAmazonで使えるコマンドです。

  • 「-amazon」→「Amazonが販売している商品を除外して表示する」
  • 「&pct-off=-0」→「0%オフ=定価の商品して表示する」

という意味があります。

なぜこのコマンドを使うと良いのでしょうか?

3つのポイントを紹介します。

ポイント1.Amazonが販売している商品を非表示

「-amazon」により、Amazonが出品している商品は除外されます。

Amazonが出品している商品を仕入れても、カートがほぼ取れない=売れません。

万が一Amazonより低い価格で出品するとしても、利益が出るような仕入先を見つけるのはハードルが高いでしょう。

手順通りに行うと、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」の商品は表示されません。

そして、「この商品は、〇〇が販売し、Amazon.co.jp が発送します。」つまりAmazon以外が販売している商品が表示されます。

「-amazon」を使えば、Amazonが出品している商品を効率的に避けることができます。

ポイント2.プレ値商品を表示

「&pct-off=-0」により、プレ値(プレミアム価格・プレミア商品)が表示されます。

プレ値は定価以上の価格を意味します。

新品で仕入れても利益が出るということですから、必ずゲットしておきたい商品です。

プレ値になる条件はいくつかありますが、需要と供給のバランスが崩れているのが理由です。

  • 発売当日や発売から数日間の商品(新作ゲームなど)
  • 限定商品(初回限定版・特典付きなど)
  • メデイアで取り上げられた商品(テレビ・Twitter・ヤフーニュースなど)

他にも、身を守る商品も高くなります。

2020年2月現在、新型肺炎の影響でマスク・空気清浄機が高騰しています。

東日本大震災では防災グッズや非常食もよく売れました。

「&pct-off=-0」を使い、高くても購入されるプレ値商品を見つけ出しましょう。

ポイント3.コマンドを組み合わせられる

さらに、「-amazon」・「&pct-off=-0」以外のコマンドも組み合わせるのも可能です。

おすすめコマンドを紹介しますので、自分のやりやすいものを見つけてください。

  • &sort=-priceまたは&sort=price-desc-rank:値段の高い順に並び替え
  • &sort=priceまたは&sort=price-asc-rank:値段の安い順に並び替え
  • &sort=salesrank:売れている順に並び替え
  • &sort=-salesrank:売れてない順に並び替え
  • &low-price=〇〇:〇〇円以上の商品を表示する
  • &high-price=〇〇:〇〇円以下の商品を表示する

まとめ

電脳せどりのリサーチはライバルとは別の方法で行うべきです。

リサーチツールを情報収集の一つとして使うのは良いですが、他の人と同じ動きをしていてはいけません。

仕入れても売れない可能性が高いので、時間がもったいないです。

Amazon販売ページで「-amazon」・「&pct-off=-0」を打ち込んで検索することで、売れ筋商品を見つけられます。

  • ポイント1.Amazonが販売している商品を非表示
  • ポイント2.プレ値商品を表示
  • ポイント3.コマンドを組み合わせられる

徹底的なリサーチこそ、利益を生み出します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です